≪ 防犯機器を選ぶ ≫
ホームセキュリティ システム
防犯 カメラ ・ 監視 カメラ
ウエラブルカメラ
≪ 各 種 防 犯 サ ー ビ ス ≫
≪ シチュエーションを選ぶ ≫
≪ ご 利 用 案 内 ≫
 ≪ご質問・お問い合わせ≫

ほぼ年中無休!!
TEL:(フリーダイヤル)
0120-964-355
FAX:03-6240-3444
E-Mail:info@borderless-j.com
URL:http://www.borderless-j.com

※お急ぎの場合は、
携帯:080-3683-4010
(担当:クリキ)
≪ 会 社 情 報 ≫
 【株式会社 ボーダレス】
≪本社≫
東京都江戸川区東小松川
TEL:03-5662-0787
FAX:03-6240-3444
本社へのアクセス

≪大阪支店≫
大阪府大阪市旭区清水 
TEL/FAX:06-6646-1260


   ≪優良防犯認定設備≫
 ボーダレスの商品は、全防啓(全国防犯啓蒙推進機構)の認定推奨防犯設備です。
 
※全防啓のホームページは、上のロゴをクリック!

東京都及び全国対応可
 工事付きもご案内いたします。
※工事付きの場合は、クレジットカードでの決済は出来ません。    

※株式会社ボーダレスでは、
 『国境なき医師団』の活動を
 支援しています。
 

商 品 検 索

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


powered by Yahoo!検索

◆ SONY製CCDへのこだわり =他社製CCDとの比較= ◆

 
  弊社ブランド(Borderlessブランド)の防犯カメラは全て、SONY製CCDを搭載しています。
 これには、わが社の機能へのこだわりがあるからです。 
  しかし、一概にSONYCCDと言われても他の製品とどの位の違いがあるか、売り手の論理で勝手に
 高機能にしているだけではないのかと言った疑問をもたれると思います。
 そこで、ここではカメラの心臓部ともいうべき イメージセンサー(CCDやCMOSなど)についてご説明します。

≪CCDセンサーとCMOSセンサーの比較≫

 ■まず、
CMOSセンサーとCCDセンサーの違いはご存知でしょうか?
  主に
PCカメラなどで数千円の安価で販売されているカメラに搭載されているのがCMOSセンサーです。
  一方
デジカメやデジタルビデオカメラ、放送局用カメラなど高品質製品に使われているのがCCDセンサーです。

 ■当然
センサーの価格も雲泥の差ですが、それに応じた機能の差も歴然です。
  実際に画面を見るとよくわかりますが、特に分かりやすいのが
薄暗いところでの画像です。
  
CMOSとCCDの一番大きな違いは感度ですので、どうしても差がでてしまいます。

≪CCDセンサーのメーカー比較≫

 ■
CCDセンサは、SONY、SHARP、松下電気、三洋電機で世界シェアの8割を占めています。
  その中でも
SONY製は世界トップシェアで性能も高い評価を得ており、画質・感度とも最高品質と言われています。
  それではどの位違うかを、実際の画像でご覧ください。
  この画像は、弊社赤外線防水防犯カメラ(BC-001)と同仕様でSHARP製CCD搭載のカメラで同地点から
  同じ状態で撮影したものです。もちろん変な小細工は行っていません。そのままの画像です。

  (写真をクリックすると、拡大写真がご覧いただけます)
 
弊社防犯カメラ(SONYCCD) 品番:BC-001 他社防犯カメラ(SHARPCCD)








 
■まず大きな違いは、画像の明るさです。さらに画面の明瞭度もかなり違います。SONY製CCDでは読み取れるような
 文字もSHARP製CCDでは読み取ることは困難です。ちなみにこの画像は、それぞれの防犯カメラをビデオキャプチャー
 ボードにつないでパソコンに取り込んだものです。よって、
実際のモニターでご覧になるとその差はさらに明瞭になります。

■暗い時の画像でも比較してみました。これも
赤外線の明るさに差が見られます。これは実際にはCCDの感度の差です。
 ちなみに赤外線LEDの数は両方24個です。つまりCCDの感度が悪いと
赤外線LEDの受光効率も低いため、画面の
 明るさにも限界
があります。恐らくこれ以上は画面は明るくならないのではないでしょうか?
 (上記画像の被写体までの距離は、6m〜8mです。仕様書上、赤外線有効距離はどちらも約30mです)

■これは、知っている人にとっては不思議でもなんでもありません。それは海外の主なカメラメーカーが
 価格が高いにもかかわらず、
積極的にSONY製CCDを採用し、このため常に品薄になっていることからも明らかです。
 このため日本には海外メーカー製のソニーCCD搭載のカメラはほとんど出回っていません。弊社では、自社ブランドによる
 OEM生産を行うことで、低価格で高品質のカメラを供給できるのです。

■防犯カメラを取り付ける目的は、犯人を特定することです。せっかく犯人の撮影に成功しても、犯人を特定できなければ
 何の意味もありません。
 せっか
く高価なお金を払って防犯カメラを取り付けるのですから、後悔しないような商品選びが必要です。

■いま主に出回っている防犯カメラで格安なのは、CMOSセンサー、CCDでもSHARP製がほとんどです。
 
防犯カメラをお選びの際は、価格だけではなく、センサーの種類や解像度、特に暗視カメラの場合は、
 暗視撮影可能距離
(CMOSセンサーの場合は数メートルがほとんど)、さらには保証体制もご確認のうえ
 お選び頂くことをお勧めいたします。
 
Copyright 2006-2020 Borderless Co.,LTD All rights reserved.